惑星のさみだれ 7巻のレビューや感想(ネタバレ含む)

[著:がく(副管理人)]

惑星(ほし)のさみだれ7巻のレビューです。
6巻ぐらいからそうですが、面白いと断言出来ます。

samidare7_1

概要

太郎が命を落とすも9体目の泥人形を撃破した獣の騎士団。
10体目は非常に多くの個体が居る泥人形で倒しても倒しても復活。

変幻自在の11体目も出現し、戦いが激化する中、
アニムスについていた太陽に少しずつ変化が・・・。

と言う事で今回は太陽君がメインになってる話が多めですね。

太郎の死でさらに精神的に成長した夕日が、今度は自分より年下にカッコつけることで更に頼もしく見えるのも今回ぐらいからでしょうか。

良かった点

太陽の変化はそんなに劇的なものではありませんが、
着実に周りの騎士団に影響を受けていく様が描かれていていいですね。

良くも悪くも子どもに影響を与えるのは大人なんだなと。
そんな太陽を見守る騎士団、そしてふくろうのロキがまたいい味出してます。

また太陽に影響を与える大人に今度は夕日が含まれているのがいいですね。

半月(大人)や皆に影響を受けて変わってきた夕日が、
今度は大人として太陽に影響を与えるというのが成長を如実に感じられます。

そして夕日の心に余裕が出てきているようにも感じますし、
非常に頼もしく見えます。

その他昴と雪待の話や三日月と半月の話など、
小さなエピソードもそれぞれ味があって見逃せません。

そして10体目の決着と太陽の行動が特に好きなんですが、それは感想部分にて!

悪かった点

そろそろこの項目が必要ありませんね。

オススメしたい人

6巻は5巻から引き続きという感じでしたが、
7巻はある意味これだけ読んでも面白いと思います。

それで面白いと思った方は是非最初から通して読んで
さみだれを味わい尽くして欲しいですね。

総評

クライマックスは勿論でそれ以外に人気があるのは6巻だと思いますが、
個人的にはこの7巻と次の8巻も非常に好きです。

太陽君の変化とそれを見守るロキがとてもよくて。

人の悪意を全面に押し出してくるマンガが青年誌は多い印象なんですが、
さみだれはその真逆を地で行くのがいいですね。

人や騎士団(動物)の善意が感じられて読んでて非常に心地いい作品です。

 

※以下ネタバレ含む感想

 

三日月の回想と夕日との決闘

三日月から誘われたバイトを受け、
そのまま家でさみだれを含めた飲み会の中で三日月が半月との回想を語ります。

三日月も最初はトチ狂った男という印象を受けますが、
それだけじゃないとここで明確に分かりますね。

そして半月の話しを聞いて熱くなった夕日が三日月に決闘の申し込み。

アニマが見守る中、今度はしっかりした意思を持って
三日月と実に楽しそうに戦い、今度は打ち勝ちます。

ここの夕日の雄叫びが
実は夕日は熱い男だったということを表していてまたいいですね。

昴と雪待

夕日と雪待と太陽がラーメンを食べる際に、
太陽が騎士の願い事について尋ね、それに答える夕日。

この時きっちり答えて上げる夕日と
その表情が大人の顔になった感じがしますね。

また雪待と昴の願いも明かされ、
それぞれがお互いの幸せを願うという実に微笑ましいエピソード。

この二人の関係がそれだけでわかってしまうようなエピソードに心温まります。

太陽を取り巻く人々

11体目の泥人形は変身が出来るので入れ替わって山で寝たりします。

家族と冷えきった関係の太陽が自暴自棄気味になっている面が出ていますね。
しかし夜の星に感動したりと、やはりまだまだ子どもらしい面も多々。

そして今度は山で夕日の掘っていた落とし穴に
落ちたところを三日月に発見されます。

山にいた理由を誤魔化して修行と答え、
実際三日月の修行に付き合わされる太陽。

その後師匠の手記を昴と雪待に渡していた夕日と合流、
5人で飲み会(夕日と三ヶ月以外はジュースですが)。

以前南雲と三日月とラーメンを食べていた時も、ここで皆でワイワイと飲み食いしている時も太陽は「さがしいな・・・」と呟いているんですが、それがまんざらでもない様子。

家族と冷えきった関係だからこそ、
こういう場が新鮮で戸惑ってもいるんでしょうね。

「うまいか?」と問いかける夕日も素敵。

samidare7_2
問いかける夕日と太陽。太陽の表情が戸惑っていながらも、まんざらでもない感じが出てます。

10体目・11体目の泥人形と騎士団の分断、太陽の決着

現れる度に強化されていく10体目、今度は11体目と同時に出現。

10体目の分断によりバラバラにされ、
それぞれが合流したりしながら何とか戦い抜きます。

そんな中、昴と雪待に分断されないよう助けられた太陽。

3人で上手く10体目の攻撃を交わし逃げますが、昴が足をくじきます。

太陽の前で二人が生き延びる為にお互いの意見をぶつけ合う様に
太陽は死を意識し、恐怖から逃れる為に死を受け入れようとします。

しかし雪待が太陽にビンタをし、絶対皆で生き残ると力強い言葉をかけます。

このシーンは非常に好きなシーンです。

太陽の絶望、そしてそれを拭い去る雪待の芯の強さが見て取れて。
目の力強さが感情を表していて、それもまたいいですね。

そして窮地に陥った3人を助けに現れる三日月と夕日。

俺達の番、やるのが礼儀と言葉をかわして「ヒーロー参上!」と叫ぶ二人。

しっかりと二人に半月の残したものが引き継がれている様がいいですね。

samidare7_3
半月のやっていたアレをやるか話す二人。二人の関係も随分といいものになりました。

死地を団結でくぐり抜けた騎士団、
しかし10体目はまだ完全に倒せていない事に不安を募らせます。

次は死者が出るかも知れない・・・、
その言葉を聞いた太陽は自分の家に走ります。

samidare7_4走る太陽に語りかけるロキ。太陽を一番近くで見守っているのは彼ですからね。

そこには戦場に出ていない10体目の泥人形が隠れており、
太陽が殴り合いを繰り広げた上撃破。

なぜ倒したのか自分でもわからないながら、涙を流し眠りにつく太陽。

ここのロキの台詞

「好きな夢を見よ・・・太陽。お前さんは自由じゃ・・・」

もいいですね。

全体通して

他にも書きたりない部分もあるのですが、キリがないのでこんなところで。

これ以降もかなり濃密な内容になっているので
感想部分が長くなってしまって読みづらかったらすみません。

しかしそれぐらいにさみだれの後半は濃密で面白いです。

小さなエピソードもそれぞれに味がありますし、
是非手にとって読んでみて欲しいですね。

そうすれば感想に書かれていることも共感していただけると思います。

 

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

レビュー記事や作品への感想・質問など気軽にコメントどうぞ~

コメントを投稿するにはログインしてください。

最近のコメント

  • となりの関くん 4巻の感想やレビュー
    • がく すらっしゅ.comさん、コメントありがとうございます~。 お気になさらないで結構ですよー。...
    • すらっしゅ.com訪問遅くなり申し訳ありません。 なんせコメントに気付くのが遅かったもので…笑...
  • ハイスコアガール 3巻の感想やレビュー
    • がく ぱぴぷぺもこさん、コメントこちらこそありがとうござい...
    • ぱぴぷぺもこコメントありがとうございました! ハイスコアガールのレビューを見ましたが確かに読んでみた...
  • soda-pop
    • がく 葉月涙さん、コメントありがとうございます~。 ブログは楽しく拝見させていただいているので、紹介させて...
    • 葉月涙こんにちわ。 ブログでご紹介いただきありがとうございます。...
  • げんしけんの感想やレビュー
    • がく葉月涙さん、コメントありがとうございます~。 文化部の楽しさ、ってのは確かにわかりますわ。...
    • 葉月涙私も「げんしけん」は好きな作品の一つです。 二代目になって更に面白くなったかなぁという印象があり...
  • 週刊石川雅之の感想やレビュー
    • がく無様な愚か者さん、コメントありがとうございます~。 短編集なんかはそれこそ人づてに聞いたりしないと、...
    • 無様な愚か者こんにちは こんな短編集があったなんて知りませんでした。 今度読んでみたいと思います。...

管理人達のTwitter

このページの先頭へ