惑星のさみだれ 5巻のレビューや感想(ネタバレ含む)

[著:がく(副管理人)]

惑星(ほし)のさみだれ、5巻のレビューです。

今回はさみだれ(姫、登場人物)の事を書くことが多いので、
惑星のさみだれ(漫画自体)を指すときは"この漫画"と称します。

"さみだれ"と書いていたら登場人物のさみだれのことだと思ってください。

惑星のさみだれ第5巻の表紙

概要

ついに集結した獣の騎士団、本格的に魔法使いとの戦いが始まる。
そんな中、さみだれの家庭事情が明らかに・・・。

獣の騎士団が集結しての泥人形戦、
そしてさみだれの家の話が今回の主な話ですね。

さみだれの家の話では夕日の成長も見ることが出来、
この巻ぐらいからこの漫画の面白さがどんどん出てきます。

良かった点

獣の騎士団が集結し、各キャラの味わいも出てきて、
キャラクターの良さがどんどん出てくるところですね。

今まで数人だった規模が一気に増えて団体行動が多くなりますが、
その団体行動こそこの漫画の良さの一つです。

各騎士が互いを補いながら泥人形に立ち向かうところや、
その前後の特訓や飲み会なども含め、騎士達の交流が増えます

年齢もバラバラの騎士達が打ち解けて
実に楽しそうにしているのは読んでて心地がいいものです

また騎士のなかの大人たちがかっこ良く、
夕日や三日月もまた自分たちより年下の騎士がいることで
徐々に大人になっていきます。

彼らの成長もまたこの漫画の面白さの一つで、
特に夕日に出てくる安心感はこの巻から如実に現れます。

さみだれのエピソードに関しても
夕日が上手く主人公として持っていった感じはありますね。

ここからさみだれも夕日も精神的にどんどん成長し、落ち着いて行きます。

悪かった点

この巻ぐらいからこの漫画の良さが出てくるのと反比例して
悪いところが特になくなってますね。

このあとの面白さを私はわかっているからかも知れませんが、
安定した面白さが5巻ぐらいからあります。

あえて挙げるとすれば
戦闘シーンが意外とあっけなく感じるところでしょうか?

それもまた次の巻以降を考えると、
5巻ではこのぐらいで十分だとは思いますが。

オススメしたい人

この漫画を最初から読んで途中でやめた人にも、
是非この巻ぐらいから再度読んで欲しいと思います。

これ以降の展開は間違いなく面白いです。

手元に全巻揃っている場合は初見なら止まらないで
一気に最後まで読んでしまうぐらいには熱中出来ます。

4巻まで読んできた人にも勿論オススメです。
今までより遥かに面白くなりますし。

総評

ようやく、この漫画の良さを存分に語れます。
さみだれの家のエピソードもいい話ですし。

ここからはもう見逃せない場面ばかりですね。

 

※ここからネタバレ含む感想

 

獣の騎士団合宿

夏だ!海だ!合宿だ!と言う事で
三日月の良くわからない提案の元、獣の騎士団が海で合宿します。

騎士の面々の間の絆がこうやって徐々に築かれていくのはいいですね。

夕日とさみだれが、魔法使いのアニムスによって飛ばされてしまい残った人数で応戦することになる泥人形戦も、泥人形の強さに苦戦しつつも風巻さんの攻撃をきっかけに全員が連携して畳み掛けるところはまた面白いです。

こういったチームワークも生まれてきてますね。

そして合宿後に風巻の泥人形と特訓をする三日月や夕日。

ここで夕日の成長の一旦も見られます。

更に風巻の推察により泥人形の数も12体と明かされ、
物語として徐々に中盤から終盤に差し掛かった事を示唆されます。

さみだれの家の話 前半

さみだれの母親が帰国すると言う事で、
さみだれが家出(と行っても隣の夕日のアパートだが)する話です。

母に会いたくなくて家出するさみだれと
その姉氷雨(ひさめ)の心情などが描かれます。

そしてさみだれが
自分の事をどう思っているのかと悩む姉氷雨に対して声をかける夕日。

この夕日が氷雨を諭すシーンは非常に良く、
夕日の成長も感じられ、更に半月の影響の大きさも分かります。

笑って氷雨を諭す夕日
笑顔を忘れずに、という夕日。いい顔するようになりました。

夕日とそれを見守るノイの関係の良さもここからは感じられていいですね。

さみだれの家の話 後半

前半は氷雨メインでしたが、後半はさみだれメインですね。

出国が迫る母だが、会うのやはりためらってしまうさみだれ。

夕日が諭すも拒否し川(1巻でさみだれが飛び越えて泥人形を撃破し、夕日が飛び越えられなかった川)を飛び越えて逃げてしまいます。

しかし夕日が今度は川を飛び越え、さみだれに追いつきこう諭します。

「帰ろう
 怖がらなくていいんですよ
 僕がついてる」

さみだれを諭す夕日
さみだれを諭す夕日。こちらもいい顔。

このセリフは今後にも繋がる台詞ですし、
何よりさっきもあった夕日の成長を更に実感させるものですね。

この後の母親とさみだれの再開シーンは涙腺を刺激してきます。
お母さんもいい大人の一人ですね。

アニマと神獣

さみだれが母に会い、夕日も祖父とのわだかまりが少し解消し電話したころ、
精霊(プリンセス)アニマが覚醒し(目を覚まし)ます。

アニマ自身の出番は後半に用意されているのでお楽しみに。

そして馬の騎士がアニマにより幻獣の騎士ユニコーンへと進化。
神獣の3騎士と前述されていた神獣の内の一つですね。

この後南雲さんが幻獣の騎士の力を遺憾なく発揮し、
8体目の泥人形撃破に大きな役割を果たします。

ここの南雲さんもまたカッコイイです。

全体通して

さみだれの家の話や騎士団の団結もそうですが、
何より夕日の成長が大きく感じられるのが一番印象に残りますね。

あれだけひねくれてた夕日が半月との出会いと別れをきっかけに徐々に成長し、
ここで一皮向けたというのが明確にわかります。

ここからの夕日はまさに主人公と言った感じです。

この巻以降この漫画は面白さを急速に加速させます。
特に次の6巻は一つの山場でもあるので必見です!

 

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

レビュー記事や作品への感想・質問など気軽にコメントどうぞ~

コメントを投稿するにはログインしてください。

最近のコメント

  • となりの関くん 4巻の感想やレビュー
    • がく すらっしゅ.comさん、コメントありがとうございます~。 お気になさらないで結構ですよー。...
    • すらっしゅ.com訪問遅くなり申し訳ありません。 なんせコメントに気付くのが遅かったもので…笑...
  • ハイスコアガール 3巻の感想やレビュー
    • がく ぱぴぷぺもこさん、コメントこちらこそありがとうござい...
    • ぱぴぷぺもこコメントありがとうございました! ハイスコアガールのレビューを見ましたが確かに読んでみた...
  • soda-pop
    • がく 葉月涙さん、コメントありがとうございます~。 ブログは楽しく拝見させていただいているので、紹介させて...
    • 葉月涙こんにちわ。 ブログでご紹介いただきありがとうございます。...
  • げんしけんの感想やレビュー
    • がく葉月涙さん、コメントありがとうございます~。 文化部の楽しさ、ってのは確かにわかりますわ。...
    • 葉月涙私も「げんしけん」は好きな作品の一つです。 二代目になって更に面白くなったかなぁという印象があり...
  • 週刊石川雅之の感想やレビュー
    • がく無様な愚か者さん、コメントありがとうございます~。 短編集なんかはそれこそ人づてに聞いたりしないと、...
    • 無様な愚か者こんにちは こんな短編集があったなんて知りませんでした。 今度読んでみたいと思います。...

管理人達のTwitter

このページの先頭へ