惑星のさみだれ 3巻のレビューや感想(ネタバレ含む)

[著:がく(副管理人)]

惑星(ほし)のさみだれ第3巻のレビューと感想です。さみだれが面白くなる下準備がようやく整うところぐらいでしょうか。

概要

犬の騎士東雲半月がまさかの死を遂げてしまった。その弟である東雲三日月はカラスの騎士であり、戦闘狂であった。

そして続々と判明する獣の騎士団。しかし夕日は半月の死で泥人形との戦いの恐怖に取り憑かれてしまっていた・・・。

良かった点

やはり夕日の成長でしょうか。この巻では2巻で死亡した半月の死を乗り越えるという大きなターニングポイントがあるので。

まだまだ成長途中で危なっかしいところもありますが、ようやく一皮むけて主人公らしくなってきますね。

また続々と登場する獣の騎士団にも注目ですね。最初は一気に増えて大丈夫かなと思うかも知れませんが、4巻以降の掘り下げ方を考えてもここで顔見せしておくのが最適だと思いますし。

物語の黒幕である魔法使いも登場し、この巻の最後で起承転結の起の部分が終わります。

悪かった点

この巻で一気に登場人物が増える、と言うかほぼ主要な人物がここで出揃うので一気に増えすぎて最初は戸惑うかも知れません。

4巻以降の展開を考えると、こういった一気に出揃わせてから徐々に掘り下げていくと言うのは良い点だとは思うのですが。 3巻ぐらいまででそのマンガが面白いかどうか判断してしまう人には、ここぐらいで終わってしまう人も多いのかも。

あとは三日月がまだこの巻ぐらいだとちょっと鬱陶しく感じるかも知れませんね。

このキャラクターもやはり徐々に味が出てくるので。 もう3巻なのにこうやってもう少し読めば・・・とレビューでも書かないといけない点が一番悪い点でしょうか。

いっそ4巻から読み始めて面白かったら最初読むぐらいでもいい作品なのかも知れません。

レビューや感想もおそらく4巻ぐらいから熱が入ってくると思います。

非常に好きな作品なのにまだ熱く語れないのはちょっと私もやきもきしますね。

総評

私の好きなキャラクターの半月が2巻で死に、更に一番好きなキャラクターは4巻がメインなのでちょっと合間の巻になってしまいましたね。

夕日の成長自体は読みどころではあるのですが、それも後半の方が描き方が好きですし。

まあ既に最後まで出ているマンガなのでこの辺りは最初はさっくり読んでしまうのがいいと思います。

 

  ※ここからネタバレ含む感想  

 

夕日の成長

散々言ってきた夕日の成長ですね。 ちょうど1巻でノイが夕日の願いを聞き届けたところと対称に描かれていて、今度は夕日がノイの願いを聞き届けるような形ですね。

「僕を頼れよ!友達だろ!」

は最初の夕日からは信じられない台詞です。


ノイの頼みと聞き届ける夕日。

そしてノイの頼みを聞き届ける事で半月の死の恐怖を乗り越え、更に半月が死の間際に託した願い「半月の武術を夕日に託す」が判明します。

半月の死の恐怖を乗り越え、半月の死を受け入れた夕日がようやくここで見せる涙は来るものがあります。

また助けた蛇の騎士のお礼に対して「泣き顔はヒーローの顔じゃねぇぜ?」と言って背中を押す半月の描写、涙を拭っていい顔で笑って「どういたしまして」といい顔で言う夕日はいいですね。

カラスの騎士東雲三日月

2巻の最後で顔見せした三日月が3巻では自由に暴れまわります。

戦闘狂として夕日と対照的に描かれているのですが、まだまだ彼も発展途上といったところですね。

夕日の成長がさみだれ通しての面白い点の一つですが、彼の存在はその成長に大きな影響を与え、また彼自身も夕日に影響を受けて成長していきます。

まだこの巻ではライバルと言った感じではないですが、徐々に良き友でありライバルである関係に発展するのも見物です。

獣の騎士団

いきなり続々と登場する獣の騎士団、この巻で一気に出揃います。

馬・蛇・黒猫・ふくろう・亀・鶏・鼠・カマキリの各騎士がこの巻で登場しますね。まとめてご紹介。

亀と鶏の師匠が私がさみだれで一番好きなカジキマグロの人で4巻で詳しく描かれます。

その他の騎士に関してもおおまかな説明はほぼ4巻で、4巻自体がその各騎士の説明のみで終わるぐらいですね。

こういった物語の展開上、下地を作るのにどうしても時間がかかっている印象は拭えません。

ですがその下地が非常に上手く活かされて後半は面白さが一気に加速するので、読んだ人の多くが高評価をつけるのでしょう。

全体を通して

役者が勢揃いする3巻ですが、一気に出過ぎてて中身の方がまだまだついてきない感じですね。

夕日と三日月はここの話を踏まえての5巻以降が見物なんですが。

私は読んでいるので4巻が楽しみですねーと言えますが、初見だとここで止まる人が多いような・・・?

そんなに面白く無いじゃんと思う人は是非5巻ぐらいまでは一気に読んで欲しいところですね。

騙されたと思って是非読み続けて欲しいぐらいにはこの作品面白いです。加速するまであと少し!

 

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

レビュー記事や作品への感想・質問など気軽にコメントどうぞ~

コメントを投稿するにはログインしてください。

最近のコメント

  • となりの関くん 4巻の感想やレビュー
    • がく すらっしゅ.comさん、コメントありがとうございます~。 お気になさらないで結構ですよー。...
    • すらっしゅ.com訪問遅くなり申し訳ありません。 なんせコメントに気付くのが遅かったもので…笑...
  • ハイスコアガール 3巻の感想やレビュー
    • がく ぱぴぷぺもこさん、コメントこちらこそありがとうござい...
    • ぱぴぷぺもこコメントありがとうございました! ハイスコアガールのレビューを見ましたが確かに読んでみた...
  • soda-pop
    • がく 葉月涙さん、コメントありがとうございます~。 ブログは楽しく拝見させていただいているので、紹介させて...
    • 葉月涙こんにちわ。 ブログでご紹介いただきありがとうございます。...
  • げんしけんの感想やレビュー
    • がく葉月涙さん、コメントありがとうございます~。 文化部の楽しさ、ってのは確かにわかりますわ。...
    • 葉月涙私も「げんしけん」は好きな作品の一つです。 二代目になって更に面白くなったかなぁという印象があり...
  • 週刊石川雅之の感想やレビュー
    • がく無様な愚か者さん、コメントありがとうございます~。 短編集なんかはそれこそ人づてに聞いたりしないと、...
    • 無様な愚か者こんにちは こんな短編集があったなんて知りませんでした。 今度読んでみたいと思います。...

管理人達のTwitter

このページの先頭へ