ハイスコアガール 3巻の感想やレビュー

[著:がく(副管理人)]

ハイスコアガール3巻の感想やレビューです。
ゲームネタ満載なのはいつも通りに、
修学旅行と受験が大きな内容となっています。

ハイスコアガール3巻の表紙

概要

大野晶が帰ってきた・・・!

相変わらずの格ゲーの腕に
ハルオは興奮し勝負を挑むもまさかの逃げを食らう。

その後もイマイチ大野と上手くいかないハルオ。

そんな中、ハルオたちは修学旅行を迎える。

その旅行でハルオは自由行動中に
ストIIXの大会へ参加する計画を実行。

緊張しながらたどり着いた会場には
大野の姿もあったのだった。

と言うわけで、3巻では修学旅行とハルオの受験
大きな出来事としてメインの話となってきます。

修学旅行では相変わらずのゲームバカっぷりが見れ、
受験の方では大野を通じて少しずつ成長してきたハルオが見れます。

また、修学旅行では格ゲーの大会も扱っており、
いつも以上に格ゲー好きには楽しめる巻となっていますね。

ハルオ、大野、小春の微妙な三角関係っぽいところも
ラブコメらしくってニヤニヤ出来ます。

修学旅行へ

ハルオたちは3年になり、京都への修学旅行へ。

この修学旅行ではハルオと小春の琵琶湖の旅、
格ゲーの大会、そしてハルオと大野の衝突などが見れます。

それぞれに見どころがあって、読み応えのある内容です。

ハルオと小春の琵琶湖の旅

気分の悪くなった先生から飲み物を買ってくるよう頼まれ、
停車中に買いに行くも小春と共に置いてけぼりにされてしまうハルオ。

ハルオらしい無駄に肝の座った行動で
のんびりと京都を目指すことになる2人がここでは見れます。

見知らぬ土地の駅のゲーセンだったり、
琵琶湖を歩いてる途中に見つけた駄菓子屋ゲーセンだったり、
ハルオは相変わらずどこでもゲームに夢中

一方で小春はハルオと2人で琵琶湖沿いに京都に向かう旅が
まるでデートみたいとちょっと浮かれてみたり。

修学旅行でのアクシデントで2人きりなんてのは
正にラブコメの王道的展開ですね。

肝心の主人公がゲームに夢中なのがちょっと違いますが、
そこがハイスコアガールらしくて、むしろ面白いところです。

また、ホテルに着いてゲームコーナーに立ち寄ると
ハルオはそこで大野にも出会います。

相変わらず機嫌が悪い様子で、小春と2人で琵琶湖から
ここに向かってきたと聞いてより機嫌を悪くする大野。

他の女と二人旅をしてきたことに怒っている
とも取れる大野の行動にまたニヤニヤ出来ます。

機嫌の悪さを表すのにサムライスピリッツの怒りゲージを使っているのも
地味にニヤリとさせてくれますね。

格ゲーの大会へ

修学旅行2日目、ハルオは自由行動を利用して、
大阪のスーパーストリートファイターII Xの大会へ。

大きな大会参加はこれが初めてで緊張するハルオですが、
会場で大野の姿を発見。

うまく勝ち上がれば、以前逃げられた勝負を大舞台で果たせるかも知れない、
と思い、一層奮起します。

格ゲーの大会ということで独特の盛り上がりや
地方からの遠征勢、恥ずかしい実況など、
実際の大会でもありそうな雰囲気をマンガで再現しています。

私自身は格ゲーはするものの大会などは参加した事がないので、
ハルオの大会に対する憧れと緊張がより理解でき、
読んでて特に印象に残った部分でしたね。

また、ここで面白いのがハルオと(脳内で)会話しているのが
ハルオの使用キャラであるガイルな点。

ソニックブームで緊張を解いてくれたり、
次の相手に対して一緒に驚いてくれたりと、
まさに持ちキャラと一心同体で大会に臨む姿は中々面白いです。

決勝

予選を勝ち抜き、トーナメントも勝ち抜け、
ついに決勝の舞台で大野と対戦することになったハルオ。

ガイル(ハルオ)対ザンギエフ(大野)ということで、
ガイル側の近寄らせたくない行動を上手く文字で再現しているのがお見事です。

ソニックブームと隙の少ない技での牽制や、
ソニックを起点としたダメージの取り方ですね。

また、両者の気迫のぶつかり合いを
投げの攻防で表現したり、そこに実況の解説があったりで
その大会の盛り上がりが見事に伝わります

ハイスコアガール3巻、格ゲー決勝大会の模様
緊張感と熱気溢れる大会の雰囲気が伝わる上手い描写。

そして大野の行動に若干の違和感を感じつつも
何とか勝つ事に成功し、優勝するハルオ。

しかし大会後、2P側の筐体(大野が使ってた方)は
パンチボタンが決勝で効いてなかった事が発覚。

ハルオは愕然として大野を追いかけます。

ハルオと大野

ハルオはパンチボタンが効かないまま決勝を戦っていた大野に詰め寄ります。
ふざけた真似しやがって、と。

一方で大野もハルオへの溜まっていた怒りをぶつけて殴り合いに。
と言っても殴ってるのは大野だけで
ハルオはせいぜいほっぺた引っ張るぐらいですが。

その中でハルオは大野が帰ってくるのをどれだけ楽しみにしていたかを漏らし、
また大野がハルオが昔あげた指輪を首からぶら下げている事に気づきます。

このハルオの言葉がきっかけになったのか、
大野の表情も変わり、大人しくなって2人は和解。

大会の優勝賞品であるお風呂セットを使って
銭湯に立ち寄り、ホテルに帰還します。

ちなみにここのハルオと大野の喧嘩の最中も
相変わらずゲームキャラが横からあれこれ口出しします。

特に龍虎の拳に登場するリョウ・サカザキの
「拳術をたしなむ奴が相手なら覇王翔吼拳を使わざるを得ない」
にはクスリとさせられました。

ハルオと大野の関係

修学旅行で和解してからは
また2人でゲーセンでのゲームを楽しむ関係に。

ハルオが素直に「やっぱこいつと居るのは楽しいな」
と認めてたりするのも、2人の成長を感じます。

チューチューアイスを2人で割って食べたり、
ヴァンパイア(格ゲー)が稼働したと聞いて
遠くのゲーセンに2人で遠征したりと実に楽しそうです。

そしてゲーセン帰りにラーメンを2人で食べながら
話はゲームの話題から受験の話題へ。

「大野は俺といて楽しいか?」と帰り際にハルオが問うと
まんざらでもない表情を見せる大野。

その顔を見て、ハルオは
自分が大野と一緒に居たいと思っている事を再確認

その夜から勉強机に向かい始めます。

受験へ

無謀にも大野と同じ高校を受験する事に決めたハルオは
友達や小春の力を借りつつ、受験勉強を始めます。

あのハルオがゲームをせずに、大野と同じ高校に行くため、
勉強する様は中々感動的

そして受験当日、大野の送り迎えをする爺やが
ハルオも同じ高校を受けると聞いて迎えにやってきます。

爺やは大野がハルオに会う為に
時々ゲーセンに出向いていた事をハルオに告げます。

ハルオが大野に一緒の高校に行く為に自分が勉強していた事を伝えるシーンは
ラブコメらしさMAXですね。

告白には至らないものの、大野がハルオに手を重ねたりします。

ハイスコアガール3巻、大野がハルオに手を重ねるシーン
ハルオの話を聞いてハルオの手に自分の手を重ねる大野。

このシーンはゲームとか関係なく、ニヤニヤ出来ること間違いなしです。

総評

大きな山場とも言える話が2本立てで
非常に読後の満足度が高い巻となっていました。

特にハルオと大野の関係が進展する様
1巻から考えると中々に感慨深いものがあります。

またゲーム関連で言えば、
今回は格ゲーの大会がやはり見どころですね。

大会の盛り上がりもそうですが、
ハルオがゲームキャラに励まされながら試合に臨む様は
実にハイスコアガールらしい展開でいいなと。

3巻最後の予告を見るに、4巻は高校生編に突入し、
ゲームでスランプに陥るハルオも見れそうです。

次の展開も実に楽しみなマンガですね。

 

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. コメントありがとうございました!
    ハイスコアガールのレビューを見ましたが確かに読んでみたくなる
    内容の漫画ですね!本屋で探したいと思います(・ω<)

    もしよければ相互リンクしませんか?
    お返事待ってます!

    • がく より:

      ぱぴぷぺもこさん、コメントこちらこそありがとうございます。

      ハイスコアガールはかなり面白かったのでオススメですよ~。
      特に何かしらゲームに興味があればより楽しめる内容になっていると思います。
      流石にこのマンガがすごい!2013に選ばれるだけの事はありますね。


レビュー記事や作品への感想・質問など気軽にコメントどうぞ~

コメントを投稿するにはログインしてください。

最近のコメント

  • となりの関くん 4巻の感想やレビュー
    • がく すらっしゅ.comさん、コメントありがとうございます~。 お気になさらないで結構ですよー。...
    • すらっしゅ.com訪問遅くなり申し訳ありません。 なんせコメントに気付くのが遅かったもので…笑...
  • ハイスコアガール 3巻の感想やレビュー
    • がく ぱぴぷぺもこさん、コメントこちらこそありがとうござい...
    • ぱぴぷぺもこコメントありがとうございました! ハイスコアガールのレビューを見ましたが確かに読んでみた...
  • soda-pop
    • がく 葉月涙さん、コメントありがとうございます~。 ブログは楽しく拝見させていただいているので、紹介させて...
    • 葉月涙こんにちわ。 ブログでご紹介いただきありがとうございます。...
  • げんしけんの感想やレビュー
    • がく葉月涙さん、コメントありがとうございます~。 文化部の楽しさ、ってのは確かにわかりますわ。...
    • 葉月涙私も「げんしけん」は好きな作品の一つです。 二代目になって更に面白くなったかなぁという印象があり...
  • 週刊石川雅之の感想やレビュー
    • がく無様な愚か者さん、コメントありがとうございます~。 短編集なんかはそれこそ人づてに聞いたりしないと、...
    • 無様な愚か者こんにちは こんな短編集があったなんて知りませんでした。 今度読んでみたいと思います。...

管理人達のTwitter

このページの先頭へ